2016年11月14日

追悼:平幹二朗

だいぶ前のことで恐縮だが、平幹二朗が亡くなったことについて、追悼記事を書きたいと思う。
蜷川幸雄につづいて、演劇界の巨星墜つ、という喪失感がある。
それほど強い印象をわたしに与えた役者だった。

舞台に出てきただけで存在感のある役者は、そういるものではない。
テレビの画面でも、十分その迫力は伝わってきた。
蜷川幸雄演出で見た『近松心中物語』『元禄港歌』『NINAGAWAマクベス』・・・。
若き日、衝撃をもって観た舞台の数々は、決して忘れられるものではない。
『タイタス・アンドロニカス』も、素晴らしかった。
惜しむらくは、『王女メディア』を観ていないことだ。
わたしが舞台鑑賞から離れていた時期があったが、そのあたりだったのだろうか。
残念でならない。

心よりご冥福をお祈りいたします。
posted by mayako at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

藤沢摩彌子のwebsiteをリニューアルしました

11月を迎え、サイトのリニューアルを続けていた。
まず、先に、近藤乾之助先生のホームページをリニューアル。近藤乾三先生の略歴や著作などもしっかり掲載できた。これについては、すでにご案内している。

さて、続いて、私、藤沢摩彌子のホームページを大幅にリニューアルした。
作家であることを明確にしたトップページにしインパクトある写真も用いた。主要な本のfaceを添付し、内容についても具体的に解説した。いままでのイメージ先行型のホームページと比べて、わかりやすくなったと思っている。
どうぞ、ご覧ください。


posted by mayako at 23:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

近藤乾之助先生HP「フォトギャラリー」を分かりやすく加筆、翻訳機能も。

先ごろから改修しはじめている近藤乾之助先生のホームページ。
今回はいままで隠れて見えにくかった「フォトギャラリー」を分かりやすいコーナーに。
写真三点についても少し解説を加え、全体に翻訳機能も追加してみた。
ご覧いただければ、幸いである。
(各コーナーへは、スタート画面からお入りください)
    ↓


posted by mayako at 21:29| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

能楽界の至宝!近藤乾三・乾之助二代

近藤乾之助私援会という名称で長年にわたり近藤乾之助先生のホームページを運営している。亡くなられたあとも、顕彰活動を行う意味合いで、少しづつリニューアルして取り組むつもりでいた。
11月3日文化の日の今日、ようやく思いがかなって、サイトリニューアルとURL移行を済ませた。
存命ではないので、日々の更新などはないけれども、何か追加でお知らせしておきたいことがあれば、随時記載したい。
とくに乾三先生については、あらためてその大きさを噛みしめ、親子二代の類まれな活躍の証を、ホームページに掲載することで記録し、記憶にとどめていただきたいと願っている。

このたびのURL変更により、リニューアルした点を記してみる。
前の項でもご案内したように「Link Special」として、近藤乾三先生の経歴や写真などを記載した。
また、いままでわかりにくい位置にあった「gallery」を目立たせてみた。

ご覧いただければ幸いである。




posted by mayako at 18:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤乾之助先生ホームページURL変更しました。

11月になった。
気持ちもあらたに、能について考えていきたいと強く思う日々である。

さて、本日11月3日、近藤乾之助先生のホームページのURLを変更した。
いま現在使用しているauのインターネット回線がほどなく使えなくなる、というメールが届いたためである。
この機会にkondoーkennosuke.comという独自ドメインを取得した。
近藤乾之助先生はもうご他界されているが、その業績をたたえるため、顕彰し続けたいと思う。
あらたしいホームページには、LINKに、近藤乾三先生のコーナーも追加しているので、ぜひご覧いただきたい。



posted by mayako at 03:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする