2021年02月26日

映画『226』1989年@松竹

日付が変わったので、本日2月26日は、あの「二・二六事件」の起こった日である。
「2.26事件」と算用数字で書くことも多いが、漢数字のほうが事件の様相に近い気がしているので、本日はそう書く。

このところ、この大事件の関連映画について書いている。本日の映画はその名のとおり『226』。
木暮実千代は出演していない。翌年1990年に他界する木暮さんは、病気のため、映画に出られる状態ではなかったのだろう。
おなじく1990年に逝去する永遠のライバル高峰三枝子は、この映画で、斎藤実(まこと)の妻を演じている。
映画『226』は、資料として以前DVDで見たが、内容的には、今一つだったように思う。やはり1954年の映画『叛乱』が、いい。

85年前の今日の今頃は、反乱軍は、大変な緊張のなかにあったのだろう。
具体的な状況は、私の本『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』に詳しく記載している。
映画より、断然面白いと思う。
ペンのチカラを堪能いただければ、著者として、嬉しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊の関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。代引きも可能です。お電話はこちら→六本木 蔦屋書店 03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販も可能。
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 01:36| 東京 ☀| Comment(0) | 木暮実千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

映画『動乱』1980@東映

二・二六事件つながりで、映画を数本見続けている。
木暮実千代さんが出演された映画『叛乱』のことは、すでに書いた。
今宵は、東映の岡田裕介氏を追悼して放映された映画『動乱』について。

録画しておいたものを見たが、事件を軸にしながらも、高倉健と吉永小百合をメインに男女の思いの深さを描いている。
第一部、第二部と、分けているのは、時間が長いせいだろうか。
映画自体は、1954年の『叛乱』のほうが、よいように思った。

木暮実千代さんを描いた本『絢爛たる女優』二作のなかの柱の一つである激動の昭和史を物語る二・二六事件について、時期が迫っていることもあって、ブログや、フェイスブック、インスタグラムなどでいろいろ書いているが、大学時代の友人から関連する話を耳にしたので、あとで記したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊の関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。代引きも可能です。お電話はこちら→六本木 蔦屋書店 03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販も可能。
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 02:12| 東京 ☀| Comment(0) | 映画関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

木暮実千代主演映画『帰郷』1950松竹@2012年設立総会記念リーフレット

木暮実千代の会設立チラシ中サイズIMG_20210223_0002_NEW.jpg

懐かしいリーフレットが出てきた。木暮実千代主演映画『帰郷』の名シーンが登場。当時松竹から借りた写真をもとに作成した「木暮実千代の会」設立総会用のリーフレットである。
木暮実千代、佐分利信。二人が主演。
重厚な大人の恋愛ドラマが、戦前のマラッカと戦後の東京、京都を舞台に、世相の混乱のなかで展開される。
今見ても、誠に素晴らしい名画だ。
古い映画なので、なかなか見る機会もないだろうが、見事な作品である。

なお、映画『帰郷』については、私の本に、詳しく書いている。ぜひとも、お読みいただきたい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊の関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。代引きも可能です。お電話はこちら→六本木 蔦屋書店 03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販も可能。
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | 木暮実千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画『叛乱』@1954新東宝

今年は、昭和の大事件「2.26事件」勃発から85年にあたる、ということについては、前回記載した。
木暮実千代さんに関わる事件であることも、記載スミ。何度も書くが、私の本『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』に詳しく描かれている。

さて、今回は、木暮実千代出演作品としての、2.26事件がらみの映画を紹介したい。
映画『叛乱』である。
この映画では、木暮さんは、鈴木侍従長夫人を演じている。
監督が木暮さんともよく共演していた俳優仲間の佐分利信だが、途中病に倒れて阿部豊が監督を引き継いだ。

古いが、重厚な映画である。DVDが発売されているようなので、ぜひご覧いただきたい。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊の関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。代引きも可能です。お電話はこちら→六本木 蔦屋書店 03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販も可能。
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 03:38| 東京 ☀| Comment(0) | 木暮実千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月21日

木暮実千代と2.26事件!85年目の2月26日

目次の一部2.26事件のところ20210221_204021.jpg

あと数日で2.26事件の日がやってくる。昭和を代表する大事件勃発から85年という節目の年にあたる今年。
私の本『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊に共通して、この大事件勃発の前後を書いているので、ぜひお読みいただきたい。
木暮実千代の夫君和田日出吉が、当時の中外商業新報(現日本経済新聞)の辣腕記者だったことで、この大事件の現場一番乗りを果たしている。今回、目次の一部をアップする。全容は、本書をぜひお読みいただきたい。女優としての木暮実千代の生涯を描いているが、他の柱として、激動の昭和史をも網羅している。お求めは、六本木 蔦屋書店二階映画コーナーまで。通販も代引きも可能だ。
(※写真は、『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』目次より。著者写す)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊の関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。代引きも可能です。お電話はこちら→六本木 蔦屋書店 03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販も可能。
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする