2015年07月01日

近藤乾之助先生追悼号@「能楽タイムズ」7月号

近藤乾之助先生追悼号が続々発売されている。
「花もよ」に続き「能楽タイムズ」7月号も近藤乾之助先生逝去を悼み、多くページを割いている。
野村萬さんの弔辞、金井雄資さん、村上湛さんの記事は、胸に迫った。
読みながら、先生が偲ばれて、涙がこぼれてならなかった。
どうかご一読を!
永久保存版としてお手元においていただきたい。
お問い合わせは、下記まで。
 株式会社能楽書林
 能楽タイムズ編集部
 03-3264-0846(代表)
posted by mayako at 18:42| Comment(0) | 近藤乾之助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

雨降りやまず・・・

雨が降り続いている。
わが家はいまマンションの大規模修繕終盤に差し掛かっている。
バルコニーの修繕は終り、煉瓦色のセラミックタイルも貼り直してもらった。
庭木ももとの位置に戻された。
化粧直しを施したバルコニーからは、オレンジ色の東京タワーが雨に煙っているのが見える。
美しい都会の夜である。
しかし、足りないものがある。
近藤乾之助先生が、もうこの世におられない。
喪失感は、まだ続いたままである。
posted by mayako at 23:46| Comment(0) | 近藤乾之助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

近藤乾之助師追善 藤影会大会7/26

近藤乾之助先生がなくなられてはじめてのお盆である。
本日7月14日、お参りにうかがった。
先生の遺影がなつかしげに語り掛けてくださるようだった。
奥さまから「藤影会大会」のパンフレットが出来てきました、と
手渡された。7月26日(日)午前十時から。宝生能楽堂である。
お弟子さんたちの近藤乾之助先生追善の素謡会。
番外仕舞にはプロの能役者の方たちがずらり。
出演予定順に記載したい。

 八島   金井賢郎
 天鼓   金森隆晋
 殺生石  當山淳司

 葛城 キリ 後藤裕子
 柏崎 道行 内田芳子

 経政 クセ 小林晋也
 野宮    當山孝道
 雨月    小林与志郎
 船弁慶キリ 金井雄資
 
番外は16時からとなっているが、おそらく早い時間に
繰り上がる可能性があるので、ご注意を。

20150714_111440.jpg
posted by mayako at 21:58| Comment(0) | 近藤乾之助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

【告知】第二十一回能楽座自主公演@国立能楽堂

能楽座自主公演のリーフレットが届いた。
今回は第二十一回。金春惣右衛門、片山幽雪、近藤乾之助 偲ぶ会 とサブタイトルにある。
わが近藤乾之助先生も、ついにこの世の人ではなくなった。
さみしい限りである。
去年は、独吟「野宮」を勤められた。
先生の練り絹のようなきれいな声が、まだ耳の奥に残っている。
今回宝生流からは、高橋章さんが出演。舞囃子「天鼓」を勤められる。
観世流の皆さまなどが、それぞれ思いのこもった舞台を勤めれる。
近藤乾之助先生のお舞台を拝見することはかなわないが、8月30日(日)を楽しみに待ちたい。
午後二時半開演。申し込み先は、能楽座 
電話03-3478-8677 FAX03-3478ー8911
(平日の10時~17時・FAXは終日可)
ぜひ、おでかけください。

能楽座自主公演2015リーフレット_0001.jpg能楽座自主公演2015リーフレット_0002.jpg


posted by mayako at 23:14| Comment(0) | 近藤乾之助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

乾之助ワールド全開の藤影会大会@宝生能楽堂

7月26日(日)宝生能楽堂にて、近藤乾之助先生追善と銘打った先生のお弟子さんたちの会があった。
藤影会大会である。
午後二時すぎに能楽堂へ着いたが、ロビーには、近藤乾之助先生の舞台写真がたくさん飾られ、見所の最前列中央には、大きな遺影が見守っていた。
まさに、乾之助ワールド全開。
先生を偲ぶ気持ちがいっぱい詰った、素晴らしい会であった。
番外に、シテ方九名による仕舞があった。
みな薫陶を受けた方たち、ゆかりの方たちである。
気持ちのこもった仕舞の数々を拝見させていただいた。
ことに、最後に出演された、當山孝道、小林与志郎、金井雄資(出演順)のお三方が、地謡で出られていたときは黒紋付姿だったのが、仕舞で再登場されたとき、一斉に白麻の紋付に着替えて出られたのには、驚かされた。いかにも夏の追善能という趣があって、目にもあざやか!
舞台を見つめる近藤乾之助先生の大きな遺影も、うれしそうだった。
暑いさなか、清涼感あふれる一日となった。
posted by mayako at 02:29| Comment(0) | 近藤乾之助 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする