2014年12月13日

ひさしぶりの京橋フィルムセンター

ひさしぶりに京橋にある国立近代美術館フィルムセンターへ出かけてきた。
12日のことである。

木暮実千代さんの大ファンの男性からメールで教えていただき、映画『女の闘ひ』の上映を知った。
拝見したことがなかったので、都合がつけば行こうと思っていた。
13時開演の一分前くらいにフィルムセンターに到着。入場料は、以前500円だったが、消費税がアップされたからか520円になっていた。それほど長い間、ご無沙汰していたことになる。
館内はほぼ満席。老若男女がじっとスクリーンを見つめている。古きよき映画を愛する人たちがこれほど多くいるというのは、うれしいことである。

さて、高峰三枝子と木暮実千代という二大美人女優が出演するとあって、モノクロの、雨が降るような画面ながら、とても華やかな映画であった。内容も変化があって面白かったし、昔の風俗も興味深いものがあった。

明日14日(日)は10時半から木暮実千代主演の『丘は花ざかり』が上映されるという。
時間が合えば、出かけてみたい。


posted by mayako at 22:14| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

【告知】9/8(日)東日本大震災復興イベント開催@新宿西口小田急電鉄スペース

9/8(日)東日本大震災復興イベントが新宿西口小田急電鉄のスペースを借りて行われる。
正午から午後5時まで。
ふるさと岩手のわが高校の後輩、料理作家・豊村薫ちゃんが先頭切ってがんばっている。同じく郷里の先輩・ふくよさんも応援に駆けつけて気仙沼の「がんばりっこちゃん」(小さなお人形さん)を販売するのだとか。わたしは、その日、宝生会月並能を拝見することになっているため、夕方駆けつけて、クコジュースを二本購入予定である。

被災地ゆかりの品々を販売、売上を復興支援に寄付するという地道な取り組み。
三年間続けよう、とがんばっているふるさとの後輩たち(先輩含む)の、心意気を称えたい。

お近くにお越しのさいは、小田急のスペースへぜひお立ち寄りいただきたい。ピンクののぼり「食べるソコぢからチーム」と、同じくピンクのTシャツが目印である!
posted by mayako at 00:48| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

8/11「翔之會」@中村富十郎三回忌

8/11「翔之會」に行ってきた。16時半から千駄ヶ谷の国立能楽堂。
熱暑の日の夕刻、雷が鳴り雨が降りしきるなか能楽堂へ向った。豪雨でないのが救いであった。

この会は、中学二年生の歌舞伎俳優・中村鷹之資が妹である小学四年生の渡邊愛子ともども、亡父・五世中村富十郎三回忌を偲んで開いたもの。

一 長唄「菊寿の草摺」 中村鷹之資、渡邊愛子
ニ 仕舞「松虫」 中村鷹之資 (指導 片山幽雪、地謡 片山九郎右衛門、味方玄)
三 長唄「越後獅子」 中村鷹之資

最後に鷹之資、愛子ふたりの「ご挨拶」があった。
司会は葛西聖司。

中村富十郎といえば踊りの名手であった。そのDNAをしっかりと受け継ぎ、鷹之資はわかわかしく、愛子は可愛らしく、大変良い舞台であった。

これからの精進に期待したい。




posted by mayako at 01:10| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

下関・うに甚本舗のうにを使った「うにのクリームスパゲッティ」絶品!

今日のランチに、下関のうに甚本舗謹製「赤間うに」を使って、うにのクリームスパゲッテイを作っていただいた。オリーブオイル、うに、生クリーム、塩少々。ゆであがったパスタを、これであえて完成。ものすごくリッチな気分。
下記URLに作り方があるので、要クリック!

http://unijin.com/knowledgetop/know03
posted by mayako at 13:46| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

2/3節分。「気」を変えて、あたらしく生きる。

2/3は節分。「気」が変わる日。
お気に入りの下北沢にある美容室へ出かけてきた。
この美容室とは不思議なご縁がある。
あまりに非科学的なことなので、このブログには書かないけれども、時々気になることがあると、出かけるようにしている。
髪のカットとトリートメントは、この店に決めている。
髪を結い上げるのは、ホテルオークラ本館美容室が基本。東麻布の住まいの近くにも腕の確かな美容室がある。
それぞれ使いわけをしているのだが、シモキタの美容室は、何か特別な場所である。
わたしが持っている不思議なパワーとその美容室のオーナーが持っている不思議なパワーが、どうも響きあっているようなのだ。
そこに行くと、気持ちがやすらぐのはどうしたことだろう。
店の名前は「フォレスト・エスト」。だれにで「気」が合う美容室はあるだろうが、わたしの場合は、そこである。その美容室が入っているビルが「パワーハウス」というのも、気に入っている。

というわけで、美容室へ出かけて、シモキタの雑踏を歩いた。

昔、東北沢に住んでいたわたしは、ふらふらと隣町のシモキタを散策した。
とてもおしゃれな店がいっぱいあって、楽しめる。
いま、わたしが住んでいる麻布や六本木とは、また違う独特な空気がシモキタにはあって、気持ちが和むのだ。

お昼前に、いつも覗くブティックへ。イタリアからの輸入物が多い店。
洋服は、どこで買うのですか?と聞かれることがあるが、赤坂かシモキタが多いかもしれない。
また、あたらしいパンツとカットソーを購入。
遅い昼ごはんには、いつも行くおいしい蕎麦どころで、このところ凝って食べ歩いている「鴨南蕎麦」をいただいた。
この店では、いつもキス天せいろをいただくのだが、食べ歩きしている関係で、本日は「鴨」を注文。丁寧にも「合鴨南蕎麦」という表記にしているゆかしさもいい。

その後、いつも行くティールームでおいしいコーヒーといちごのショートケーキを。
一時間半ほどその店で本を読んだ。昨年白水社から出たある方の単行本である。
分厚い本をいつも持ち歩いている。ゆっくりと落ち着いて本が読めた。

続いて六本木へ戻り、ジムでヨガをひととおりこなし、帰宅。
なんとまあ、目一杯動き回った休日である。

2/3本日は、節分。
「気」は変わった。
さあ、あたらしい日がはじまっている。

posted by mayako at 22:59| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月23日

なつかしい友からのメール

友達が多い。
多方面にたくさんの友達がいる。
いつもいろんなシーンで助けてもらっている。
ありがたいことである。

昨日の夜、遅く帰宅すると、古い友人からメールが届いていた。
「芥川賞に75歳の新人が!この時季になると、あなたをいつも思い出しています」

芥川賞を獲る!と明言してから幾星霜。・・・

ありがとう!思い出してくれて!とすぐに返信した。
友達はいつも味方だ。


posted by mayako at 23:57| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

2013年01月17日のつぶやき

fujisawamayako / fujisawamayako
『お屋敷拝見』『お屋敷散歩』講演会@八重洲ブックセンター | http://t.co/vgDZ5Hrp at 01/17 15:06

fujisawamayako / fujisawamayako
小山明子18年ぶり舞台 涙見せず演じきる http://t.co/j7ByT7n5 @nikkansportscomさんから at 01/17 13:39

fujisawamayako / fujisawamayako
2013年01月16日のつぶやき | http://t.co/etX8Zt5N at 01/17 00:29

fujisawamayako / fujisawamayako
2013年01月16日のつぶやき | http://t.co/VK2o98UQ at 01/17 00:29

posted by mayako at 09:15| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

2012年12月30日

窓の外は雪

いま東北新幹線のなか。
仙台を過ぎたところ。
窓の外は雪である。

車内ではスマホに入れているお気に入りの音楽のなかからバッハのバイオリソナタを聴いている。無伴奏ソナタ、パルティータ。演奏は浦川宜也さん。
読んでいるのは渡辺保さんの歌舞伎批評集。
文章にキレがあって、もちろん批評眼も確か。素晴らしい先達である。

実家まであと少し。



posted by mayako at 18:23| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

2012大詰め

28日はいずこも仕事納め、の趣き。わたくしは納会という飲み会もなく、ひたすら仕事して深夜帰宅。外は冷たい雨であった。
朝は雪、と聞いていたが、本日は晴天である。
のこり少ない今年の最後の仕事は、自宅での年賀状書き。220枚。これから書く予定。少し枚数を減らしたのだが、・・・。心を込めて毛筆で書かせていただきます。元日には届きません。関係者の皆さま、おゆるしください。

写真は、12月10日盛岡での「盛岡芸妓を盛り立てるために」と題した講演会のあとで頂戴してきたもの。扇は前から持っているものだが、お酒(岩手の銘酒「あさ開」)と手ぬぐいは、いただいたもの。10月20日にお披露目をしたふたりの新人盛岡芸妓さんたち(「富勇」さん、「とも千代」さん)のお披露目会での配り物だそうである。ちなみにお二人と、FB友達になった。(念のため、お二人とも本名での登録)
一人は早稲田の第一文学部中退。もう一人は短大卒。才色兼備のお二人を応援していくつもりである。
盛岡芸妓祝の品々.jpg
posted by mayako at 12:38| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする