2020年09月13日

【書籍紹介】『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』(ノンフィクションノベル)出版!

絢爛たる女優小説版大ファイル20200825コピー2小サイズ.jpg

引き続き、書籍の紹介である。
昨日紹介した『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』(評伝)の姉妹篇ともいえる『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』を、Amazonkindleから先ほど電子書籍で出版した。評伝と小説版のほぼ同時出版を目指してみた。

内容については、おなじ女優の一代記として、前作とかぶる箇所はあるが、今作は、映画製作にまつわる話など、具体的描写を心がけて臨場感ある場面構成を心がけている。例えば、『雪夫人絵図』の映画化にまつわるプロデューサー(瀧村和男)、俳優(代理人)(木暮の夫・和田日出吉)、監督(溝口健二)、原作者(舟橋聖一)のそれぞれの心の動きなどを描写することで、作品の映像過程を知ることができるだろう。

表紙画像は、姉妹篇ということで、おなじく伊東深水『婦人像』(部分)1957(昭和32)年 紙本 彩色 山種美術館所蔵。
評伝版が黒、小説版が赤。部分的な色彩の変化で、それぞれの作品世界を示している。
※画像の複写、転用などは禁止します。(画質を落としています)


posted by mayako at 01:55| 東京 ☁| Comment(0) | 木暮実千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]