2019年03月11日

3.11 東日本大震災 祈りの日に寄せて

今年も3.11がやってきた。
東日本大震災から8年目にあたる。
岩手県出身のわたしにとって、この災害についての思いは深い。
大地震が起きた午後2時46分に一分間の黙とうを捧げたところである。

あの日、あの時。
田端駅近くで仕事中だったわたし。
一時避難した場所で、テレビの画面によって知らされた被災地の映像!
あの驚きと哀しみは、生涯忘れられるものではない。

3.11にほど近い、3月7日から9日まで、仕事で岩手県盛岡市に出かけてきた。
災害の哀しみの記憶は、北国のあわあわしい春の兆しのなかで、生き続けている。
posted by mayako at 15:07| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]