2017年03月31日

あこがれの「汝窯青磁」@大阪市立東洋陶磁美術館

汝窯青磁20170330_174236.jpg

大変ご無沙汰してしまった。
三月は、中旬から下旬にかけて長い風邪に悩まされた。
思いがけず長引いてしまったが、振り返って印象に残った出来事を書いてみたい。

3月7日から9日まで、関西へ出かけていた。
タイトルにあるように、大阪市立東洋陶磁美術館へ台北の國立故宮博物院所蔵の「汝窯青磁」を観に出かけたのである。
北宋時代の「天青色」。
この色を、この目でどうしても見ておきたかった。

「汝窯青磁」は、通常の緑がかった青ではない。ブルーグレーのもっともっと淡い色。白と薄青のまじりあった色。透明感があり照りもあって、魂が引き込まれそうなほど深い色であった。

「人類史上最高のやきもの 海外初公開、初来日。」
パンフレットには、そう記されている。

すでに3月26日に今回の会期は終わっているが、もし次の機会があるならば、もう一度拝見したいと願っている。


☆藤沢摩彌子websiteはこちらから
↓ ↓ ↓

posted by mayako at 13:00| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]