2017年01月19日

話題性たっぷり「新派公演」@三越劇場

新派公演を見に行った。三越劇場で演目は『華岡青洲の妻』である。
ひさしぶりの新派観劇だったが、今回際立っていたのは、歌舞伎界から加入した河合雪之丞の好演であった。可憐な美しさは新派の舞台にほしかったものだ。同じく前に移籍していた喜多村緑郎もはまり役で、水谷八重子、波野久里子という芸達者な中軸とよく絡んで、皆で舞台を盛り立てていた。
細かなことはさておき、明るい話題に満ちた新春新派公演であった。(1月11日・鑑賞)
posted by mayako at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]