2016年12月29日

今年の話題(『繻子の靴』@京都芸術劇場春秋座)

20161210_105551.jpg

もうすぐ2016年も終わる。
「今年の話題」というタイトルにしてみたが、一番に書きたいのは、ポール・クローデル原作の『繻子の靴』一挙8時間上演を鑑賞できたこと。12/10(土)11時〜20時30分の終演まで、30分の休憩三回を挟みつつ、じつに8時間にわたる舞台であった。
渡邊守章の翻訳・構成・演出&高谷史郎のプロジェクションマッピングによる、まことに壮大な芝居!
ポスタータイトルには、「『禁じられた恋』の壮大な四部作 日本初演!」とある。
もう二度と見ることはできない、と思われる大ロマン。
緊張感が極限に達したが、とくに第三日目が圧巻であった。







posted by mayako at 21:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]