2021年05月04日

【著者からの写真説明】昭和23年頃の木暮実千代邸@主婦と生活社撮影

帯裏部分のみ中サイズ20210504_123814 (002).jpg

前回アップした帯裏の写真を説明したい。
小さいが、貴重な写真。撮影は、主婦と生活社写真部。主婦と生活社には本への掲載許可をいただいている。
西荻窪にあった木暮実千代邸。白系ロシア人の広壮な邸宅を譲り受けた瀟洒な応接間での木暮実千代の写真である。
昭和28年、田園調布の600坪の豪邸へ移り住むまで、居住していた。
この邸宅内でのあれこれを、本では詳細に記述している。
貴重写真のついた帯のある本が、登場した。
ぜひ下記書店(及びオンライン通販)で、お求めいただきたい。

拙著は、下記にて好評発売中。
ただし、東京都が緊急事態宣言発令中のため5月11日まで六本木 蔦屋書店は実店舗休業中。
TSUTAYAオンラインストア(ヤフーショッピング)は営業している。

(電子版は、Amazon kindleで、購入可能だが、帯は書店販売のもののみである。ご了承のほどを)


◇木暮実千代関連書籍◇
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』二冊の関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。代引きも可能です。お電話はこちら→六本木 蔦屋書店 03-5775-1515・・・5月11日まで休業中。
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販も可能。
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1

★上記、六本木 蔦屋書店以外の、全国での本書販売中の書店は、岩手県盛岡市東山堂全店、北上市東山堂北上店、一関市北上書房、山口県下関市梓書店となります。お近くの書店に、ぜひ、お立ちよりください。



posted by mayako at 12:49| 東京 ☀| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする