2021年01月23日

藤沢摩彌子websiteを少し変更しました。

自宅薔薇20150124_193641.jpg

web作成ソフトのバージョンアップにより、藤沢摩彌子websiteを少し変更した。
どこが違うか、お気づきの方は、おられるだろうか。ほとんど前と同じだけれども、コーナーによって、ある部分が少し違う。
いずれ、すべてのコーナーを整えるつもりだが、さて、それはどこだろう。。。(ヒントは、アップした薔薇の画像をご参考!)

作家・藤沢摩彌子website
   ↓
http://fujisawamayako.com/
posted by mayako at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

遅寝、遅起き

早寝、早起き、がよい、という。早起きは三文の徳、ということわざもある。
私は、真逆。
遅寝、遅起き、である。
いろいろ試したが、夜のほうが気持ちが落ち着く。集中力が高まるのだ。
人それぞれ、自分のスタイルがあってよい。
一日一日をどう生きるか、が大切である。
ラベル:スタイル
posted by mayako at 04:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庭の灯り

庭の灯り220210123_094301.jpg

東京タワーが自粛中だ。午後5時ころライトがついて、午後8時ころには暗くなる。
わが家の庭のミニライトの写真を添付する。タワーの灯りとともに、ぽつぽつと明るんでくるミニソーラーライト。1.22の夕方の絵である。
posted by mayako at 22:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木暮実千代と浪花千栄子

今日の午後、NHK総合テレビをみていたら、朝ドラの「おちょやん」についての紹介番組があった。
ドラマの舞台になっている大阪道頓堀や、京都の撮影所などをめぐっていた。
視聴率が低迷しているということなので、少しでも話題づくりをして盛り上げようということのようだった。

「おちょやん」というドラマの主人公について、誰なのか? 当初はわからなかったが、浪花千栄子だ、ということがわかってから、親しみを持つようになった。
木暮実千代主演の映画『祇園囃子』の名脇役として大好きな女優だからである。

私の本『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』をお読みいただければわかるが、溝口健二監督の映画『祇園囃子』が、本を書く動機となっている。
主演・木暮実千代と妹分の舞妓役・若尾文子に続いて、重要な役回りを果たすお茶屋の女将役として映画を引き締めているのが、浪花千栄子なのだ。
この『祇園囃子』での浪花千栄子のうまさといったら! 
見事、というひとことに尽きるほどの、演技派なのだ。
このほかには、黒澤明『蜘蛛巣城』などでの演技も光る。
だから、私としては浪花千栄子を「喜劇女優」ということではなく、「名脇役」「名女優」として、もっと知ってもらいたい、と思う。

私の本にも、「浪花千栄子」という固有名詞が登場する。
ぜひ、本をお読みいただきたい。そして、映画『祇園囃子』を、合わせてご覧いただきたい、と思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。→六本木 蔦屋書店は、03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販スタート
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月26日

木暮実千代のすべて

胡蝶蘭部分20210125_025408.jpg

昨日のこのブログに、木暮実千代と浪花千栄子の話を書いた。
映画『祇園囃子』の主演女優が木暮実千代。助演女優が浪花千栄子。
木暮実千代の美しく律儀な芸妓にたいしての、浪花千栄子のいやらしいほど貫禄ある女将役が絶品であった。

さて、裏話だが、そのほか、映画『祇園囃子』のなかでの木暮実千代に関連した浪花千栄子の役割が、もう一つあった。
それは、何か・・・。
気を持たせるようだが、ここには記さない。
なぜなら、私の本にその理由を書いているから。

『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』には、木暮実千代のすべてが詰まっている。
木暮実千代全盛期の昭和映画史がびっしりと書き込まれている本なのだ。
とくに、溝口健二作品について、かなりの頁を割いて、映画づくりのあれこれを書いた。
溝口については、その人となりが、よくわかるように、描写したつもりである。

木暮実千代ファン、映画ファン、溝口健二ファンの皆さまに、せひお読みいただきたい二冊。
調べに調べ書きに書いた、著者自薦の本である。

(木暮実千代さんゆかりの方から出版祝いに頂いた淡いピンクの胡蝶蘭の写真をアップしたい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★関東圏での販売は、六本木 蔦屋書店のみ。→六本木 蔦屋書店は、03-5775-1515
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販スタート
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1


posted by mayako at 02:55| 東京 ☀| Comment(0) | 木暮実千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする