2021年01月04日

謹賀新年2021

年賀状2021小サイズ20201230_150910 (002).jpg

謹んで新春のご祝辞を申し上げます。

昨年は三冊の本を上梓することができました。
年賀状を添付いたしますので、詳細はご覧ください。

なかでも、取材開始から13年。往年の大女優木暮実千代さんの評伝『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』、
それをもとにした『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』は、大切な作品となりました。
Amazon kindleでも電子書籍版として読めますが、紙の本は、都内では六本木 蔦屋書店さんで販売中。
六本木 蔦屋書店さんではオンラインストア(ヤフーショッピング)で通販も開始されました。
地方での販売は、盛岡・東山堂全店、北上・東山堂北上店、一関・北上書房、下関・梓書店へ。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 藤沢摩彌子 2021 正月

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて通販スタート
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1



posted by mayako at 00:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

映画『祇園囃子』木暮実千代と浪花千栄子

東京タワー2021オレンジ部分IMG_20210103_205731_825.jpg

NHKテレビ朝の連続小説「おちょやん」が12月からはじまっている。
前作「エール」は作曲家の古関裕而がモデル。さて、「おちょやん」」のモデルは? と気になりつつ、上梓した本二冊(『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』)にまつわる仕事で多忙だったため調べることを怠っていた。

このほど、浪花千栄子がモデルと知って、驚いた。
上梓した本に縁があったからである。
私が木暮実千代の本を書こうと思ったきっかけとなったのが、映画『祇園囃子』(溝口健二監督作品・1953年大映)。もちろん木暮実千代が主演だが、浪花千栄子も重要な役で登場しているのだ。名わき役にふさわしい浪花の渋い演技は素晴らしいものだった。

ご縁を感じた私は、毎朝録画して「おちょやん」を見ている。
まだ物語ははじまったばかり。
これからどうなっていくのか、楽しみである。

※画像は2021と記された東京タワーのライトアップ。1月4日撮影の写真をアップしてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて通販スタート
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 02:21| 東京 ☀| Comment(0) | 木暮実千代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

久々の休日

東京タワー2021新春先端IMG_20210103_235053_119.jpg

正月を久々にゆっくりと過ごしている。

昨年は、4月から立て続けに、本づくりに没頭。執筆、編集、校正、校閲、レイアウト、装幀、法務、営業・・・と、今までに培ってきた技術や経験を総動員して、独りでこなした。息つく暇もない忙しさだった。
コロナに負けてはなるものか、という気概を持って、やってきた。
『午後のパラソル』『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』と、三冊をまずAmazon kindleから電子書籍で上梓。
後の二冊は、紙の本も制作した。自分でも信じられないほどの、集中力で、突き進んできた。
今はやりの言葉で言えば、「全集中」でやり遂げた、ということだろう。

ようやく、いまゆっくりと休みをとって、録画しておいたお気にいりの海外ドラマなどを、一気見しているここ数日である。


※画像は、1月4日深夜の東京タワー。通常のオレンジ色から、いきなり新春らしいあざやかな色味に変わった瞬間である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★六本木 蔦屋書店オンラインストアにて『絢爛たる女優』二冊、通販スタート
  ↓
https://store.shopping.yahoo.co.jp/t-tokyoroppongi/search.html?p=%E6%9C%A8%E6%9A%AE#CentSrchFilter1
posted by mayako at 01:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

藤沢摩彌子websiteを更新しました!

20210107_021306.jpg

藤沢摩彌子websiteを更新した。
少しだが、あたらしくした。
トップ画像に、六本木 蔦屋書店オンラインストア(ヤフーショッピング)で通販を開始したことをはっきりわかるようにしてみた。
ご覧いただきたい。
  ↓
http://fujisawamayako.com/

また、昨日、このブログの姉妹ブログに、「【著者からのひと言】なぜ木暮実千代を書いたのか」というタイトルで、記事を投稿している。
ぜひお目通しを!
  ↓
http://fujisawam.seesaa.net/

posted by mayako at 02:33| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

木暮実千代主演作品ベスト3

木暮実千代を書いた本を二冊出している。
『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』と『絢爛たる女優ー小説 木暮実千代』である。
すでに、何度も書いているが、関東圏では、六本木 蔦屋書店が独占販売中。六本木 蔦屋書店ではオンラインストアでも販売がスタートしている。地方の書店は、盛岡・東山堂、北上・東山堂北上店、一関・北上書房、下関・梓書店で好評販売中だ。

木暮実千代の映画は生涯350本以上といわれているが、そのなかで、ベスト10を選んで、『絢爛たる女優ー木暮実千代の生涯』のほうに、書いている。そのなかでも三作品について、本のなかでも特に多く頁を割いている。ベスト3ということになる。
第一位は二作ある。なので、二位はなくて、次は三位となる。
さて、私は、どんな作品を選んだのか。
そして、皆さんは、どんな作品を思い描くことだろう。

本をお読みいただけるとわかるが、これまで、ブログにも書いてきた作品ばかりなので想像してみていただけるとうれしい。

posted by mayako at 02:31| 東京 ☀| Comment(0) | 書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする