2020年04月01日

ディーヴァ! ディーヴァ!

花束20170511_100004.jpg

マリア・カラスに心酔していることは、私を知る方なら、ご存じのこと。
私なりのカラスを書きたい、と思い続けて二十数年経っている。
その間に、お能の近藤乾之助先生に出会い、魂を奪われた。四年半にわたり先生の芸談聞き書きを続け、上梓。
また、ある大女優の評伝を書くべく取材をはじめたり、と寄り道をしてきたが、今年こそ、マリア・カラスについての記述をまとめたい、と考えているところだ。

私にとってのディーヴァはマリア・カラス!

それは揺るがないけれども、カラス亡きあと、心に響く名ソプラノがいる。

正確には、いた、というべきか。
昨年2019年9月30日天に召されたからである。

ジェシー・ノーマン。
享年74。
圧倒的な歌唱は、胸を突きさすようだった。
カラスを聴き、ノーマンを聴き、本日も一日が終わっていく。

※いま聴いている曲は、ジェシー・ノーマン「Samson and Delilah」1987

posted by mayako at 23:03| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四月の誓い

美しい花IMG_20190501_100132_273.jpg

日付が変わって、四月一日になった。

三月は魔の月であった。
コロナ感染拡大で、世界中が騒然となった。
一月から忍び寄り、二月に広がり、三月は蔓延した。
皆さんそうだろうが、思いもよらないことで、戸惑いを隠せない。
自粛を敢行。家にこもっている。

そのなかでも癒されるのは読書と音楽と美術。
自然の風景もいい。小鳥のさえずりすら、心に響く。

心を潤す美しいもの、おなかを満たす食べ物、できる範囲の筋トレがあれば、生きられる。

四月もまた長い月になるだろう。そのなかで、目標を掲げていきたいと思う。

 いままで書き溜めた文章を整理し、まとめてみる!

それが私の「四月の誓い」である。

※うつくしい花をアップしたい。
posted by mayako at 01:27| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする