2017年06月18日

雨中の塔(タワー)

雨である。
一日中外出せず、家にこもった。
散歩にでも出ようかと、いったん一階まで降りて、玄関から引き返してきた。
気持ちが乗らないのは、雨のせいである。
梅雨どきなので仕方がないが、雨音が騒音をかき消してくれるという利点もある。
夜は普段の日より、よく眠れるかもしれない。

タイトルに、今日は「塔」と書いて、「タワー」とルビを振ってみた。
それにしても、雨の日の東京タワーの幻想的なうつくしさは、格別である。


☆藤沢摩彌子websiteはこちらから
↓  ↓ ↓


ラベル:東京タワー
posted by mayako at 22:55| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あじさいの花

しばらくぶりの投稿である。
5月は美術館めぐりや奈良・『談山能』を楽しんだ。
それぞれ素晴らしいものだったので、個別に書く時間があれば、書きたいと思う。
6月になって最初に思い起こしたのが、ずいぶん前にもブログで紹介した伊東静雄の詩であった。
「水中花」という素晴らしい作品である。
そして、街なかにはあじさいが咲く季節になった。
突然、という感じで、大柄で華麗な花が出現する。
あじさいは、その色も変化に富んで、見飽きることがない。
ドレスアップした女性の重たげな髪飾りのようでもある。
(以下の写真は咲き始めの麻布十番付近のあじさいの花)
20170530_174320.jpg

☆藤沢摩彌子websiteはこちらから

↓ ↓ ↓

posted by mayako at 00:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする