2018年06月19日

木暮実千代映画上映情報@新宿ピカデリー、角川シネマ新宿

木暮実千代主演映画が、また上映される。
今度は新宿。
映画は『お茶漬の味』。
小津安二郎監督の生誕115年にちなんだ企画という。
4Kのきれいな画像で見られるので、ぜひお出かけを。
スケジュールは下記URLをクリックして確認いただきたい。
ちなみに、ピカデリーのほうは、6/19(火)19時〜上映。一日のみ。
角川シネマ新宿は、6月23日から、7日間、時間別に上映されるようだ。
名作『帰郷』と同じ佐分利信との共演。上流階級の家庭に育ったわがままな奥様役だ。
この映画ではきもの姿が多いが、センス抜群!木暮実千代のおしゃれ感覚が冴えわたっている作品である。
http://cinemakadokawa.jp/ozu4k-115/
posted by mayako at 00:37| 東京 ☔| Comment(0) | 映画関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6/18地震お見舞い申し上げます。

まずは、大阪を中心にしたこのたびの地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
突然の出来事で驚き、関西方面の友人たちに、お見舞いメールを送り続けた一日となりました。
余震も続くことと思います。くれぐれもお気をつけてお過ごしください。
少しでも早い復旧をお祈りいたします。

posted by mayako at 00:27| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

本日6/13は木暮実千代さんの命日

本日6月13日は木暮実千代さんの命日。
梅雨の晴れ間。やや曇りがちだが、時折光差す明るい空である。

大輪の薔薇を思わせるはなやかな印象があるが、ちいさな白い花をつけ、香りのよいくちなしの花が好きだったという。
雨の日も好きだった、木暮さん。
くちなしの花が咲く、梅雨のころに旅立たれたのも、縁であろうか。

存命なら今年100歳。
映画の中で見るその絢爛豪華な美貌と雰囲気は、永遠に輝いている。
posted by mayako at 10:52| 東京 🌁| Comment(0) | 映画関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

6/10藤沢摩彌子ホームページを更新

昨日、藤沢摩彌子ホームページを更新した。

「NEWS」の内容に當麻寺で行われた練供養会式を見てきたときの記事と写真をアップしているので、ご覧いただきたい。

http://fujisawamayako.com/
posted by mayako at 18:58| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

【感想】現代に通じる名品!木暮実千代主演『帰郷』@シネマヴェーラ渋谷

本日6月6日(水)雨のなか、シネマヴェーラ渋谷へ出かけてきた。
映画『帰郷』を見るためである。
昨日このブログに書いたように、大画面で見る機会があまりないため、しっかりと目に焼き付けてきた。
木暮実千代の代表作のひとつである『帰郷』は、1950年松竹製作。大庭秀雄監督作品。原作は大佛次郎である。日本芸術院賞受賞という名作だ。
原作がしっかりしている上に、脚本もいい。そして、役者が揃った。木暮実千代、佐分利信、山村聰が三本柱で複雑な内面を重厚に演じ切っている。津島恵子が可憐な娘役で花を添えていた。
音楽も効果的。音楽担当二人のなかに既知の黛敏郎の名前があった。ドラマを盛り上げるための音楽的工夫も随所に凝らされていることに、今回気づいて、はっとさせられた。
木暮実千代の美しさはいうまでもない。妖艶な大人の女性の色香を品よくにじみだすことができる女優だ。撮影時32歳。いまの女優にこれほどのムードをまとった女優がいるだろううか。
『帰郷』は、古い映画だが、まったく古びていない。現代に通用する名品とは、こういう映画を言うのである。
posted by mayako at 22:18| 東京 ☔| Comment(0) | 映画関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする